SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート





2008年03月08日

高齢出産と不妊の悩みを解消する方法。

高齢出産と不妊は深い結びつきがあります。
また、高齢出産と不妊のサインとして、避妊をやめて2年経つのに妊娠しない、排卵日を狙って夫婦生活をしているのに妊娠しない、性交痛がある、などです。
原因は卵子の劣化や老朽化です。
高齢出産ではつわりが激しかったりもします。
高齢出産と不妊の不妊の原因は、女性の糖尿病、副腎・肝臓・腎臓・脳下垂体の異常、卵巣・黄体の異常、更年期障害、無月経などとなっています。
男性の場合は、糖尿病、甲状腺の異常、Y染色体上の異常、前立腺の異常、喫煙による影響などが高齢出産と不妊も原因と考えられます。

高齢出産と不妊で一番気になるのが、「妊娠できるかどうか」です。
インターネットで年齢別に不妊の確立を調べたものを見ると、30〜34歳で6人に1人、35歳以上で4人に1人、40歳以上の場合は3人に1人が不妊になる確率があるそうです。
高齢出産と不妊は歳をとるとともに自然妊娠が難しくなり、不妊治療が欠かせなくなってきます。
ただし不妊治療をする人が増えたことによって高齢出産をする人が増えたという高齢出産と不妊の関係もあります。

高齢出産と不妊は肥満やダイエットによる痩せすぎも関係してきます。
この年齢ならもう大丈夫だろうと思っていたら、妊娠してしまったというパターンです。
WHOで定義されている不妊は、「避妊なしで2年以内に妊娠に至れない状態」を言うことになっており、日本では妊娠を希望する夫婦の10%が不妊であるとされています。
高齢出産と不妊は子供が欲しくても妊娠しない場合や、高齢出産で流産しやすいなどのリスクを抱えています。
結婚して何年もすると、夫婦生活も回数が減ってきますし、男性の生殖器の衰えもありますから、高齢出産と不妊につながります。
33歳くらいからだんだん妊娠力が下がっていき、37歳くらいになると若い時とはずいぶん妊娠力が違ってきます。







山本寛太朗式 『ハイブリッドアフィリエイト サイボーグ』 おまかせパック
posted by nukimt at 11:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。